d's diary

日々敵前逃亡……淫らな煩悩をこよなく愛する人々のために
<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
# 沈黙ノススメ

「物言えば唇寒し秋の風」

これ、亡くなったオヤジがよく言ってました

オヤジが何か意見したりすると、娘たちに一斉攻撃されることがよくあったんですが

そういうときに、必ずと言っていいほど、このセリフを言ってました

 

何か意見を言ったりすると、責められて、寂しいなあ

……という意味だとずっと思ってたんですが

「沈黙ノススメ」を書き始めて、誰の言葉だろうと思って調べたら

 

これは松尾芭蕉の言葉だったんですね

しかも、私が思ってた意味と全然違ってました

某所から引用させていただいたところ……

 

「人の欠点を批判したり自分の長所を自慢したりした後は、

必ず言わなきゃよかったという思いにとらわれるものである。

また、そうしたことによって余計な災難を自ら招くこともある。
口を開くと秋の冷たい風が唇に触れて、寒々とした気分になる。
松尾芭蕉の「座右の銘」にある句で、

この句の前には「人の短をいふ事なかれ己が長をとく事なかれ」とある。
略して「物言えば唇寒し」とも」

 

ということらしいのです。

そういうことでしたか。

それは正しいですよね。

人の悪口を言うと、自己嫌悪に陥りますものね

そういう意味ではやっぱり「沈黙」なのですよね

よけいなことは言わない方が、自分にストレスも溜まらない

やっぱり「沈黙ノススメ」だなあと、喜んだわけです

 

次回は平野クンです……。

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 20:12 | category: - |
# 浅見光彦やります

来週26日月曜日20時から

TBSで「新・浅見光彦シリーズ3 後鳥羽伝説殺人事件」を放映します。

私の脚本ではありませんが、面白く出来てるそうですので

お時間のある方、是非ご覧くださいませ。

私が外されたわけでありませんので、ご心配なく。

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 20:03 | category: - |
# 本日休日なりで……

打合せが一日延びて

丸一日ぽっかり空いたので

久し振りに砧公園にお散歩

そしたら、砧公園に梅園もどきの一角があるのを発見

梅の花が、三分咲きくらいでしょうか、咲いてました

こういうの……

 


 

更に歩くと、世田谷美術館があって

「パリジェンヌ展」というのを開催中でした

これ……

https://www.setagayaartmuseum.or.jp/exhibition/special/detail.php?id=sp00187

 

駅のポスターで、面白そうだなと思ってたので

ちょっと入ってみました。

そしたら、面白かった。

絵画は勿論なんですが、当時のドレスなんかも飾ってあって

真剣に観てしまいました

これはオススメです。

お時間ある方、是非どうぞ。

楽しめます。

 

原稿もそろそろ決定稿になりそうなので

「沈黙ノススメ」は、後日また続けます。

| comments(0) | trackbacks(0) | 00:27 | category: - |
# JAL、むかつきました

先日、高知へ取材にいくことになりまして

JAL7時15分くらいの発だったので

私、4時半に起きて羽田空港へ向かい

待ち合わせ時間の十数分前に到着

搭乗口へ行って

ゆったりと搭乗時間を待っていたのですが

飛行機の操縦室のトラブルで出発は遅れるとアナウンスがあり

じっと待ってると

あと少し、あと少しが繰り返され

やがて「8時半に出発することになりました」とアナウンスがある。

この段階で一時間遅れ

やっとかと思ったが、8時半になっても搭乗できない

そのうち「出発時間は判りません」とアナウンスがある

操縦室のコンピュータートラブルじゃ、しょうがないと思ってたが

ついに9時15分になって、この便は「欠航になりました」という。

欠航かい!?

段取り悪いなあと思ったが

トラブルが直らないんじゃしょうがい

代替機もないんだろうから、仕方ないかと思ったわけです。

そしたらCAなのかJALの職員なのか、偉そうなお姉さんが

「9時半に同地へ向かう飛行機があります」

それに乗れるのかと思ったら

「残席は30しかありません」

何? どういうこと?

「その機にお乗りになる方は、18番の窓口で手続きしてください」

なんて言う。

18番てどこだ?

早い者順てことか?

そのとき、もう、何人かの会社員の方々が走り出した。

え? と思ってると

「石原さん、行くよ!」

と同行者が大きな声で私を呼び、走り出した

え!? 走るのか!?

と迷ってる暇もなく、私は同行者たちの後を追って

走りましたよ

18番を目指して、走った、走った

でもそれが、結構、端から端で

いくら走っても届かない

そのうち、私を呼んだ人が、息が上がって歩き始める

私は一応足腰には自信があったので

重い荷物を抱えて、走った、走った

それでも着かない

そしてついに私も歩いた……

30人の中に入らなければいけないのに……

でも、若手が二人、先に走って行ったので

なんとかしてくれるかと思っていた

そしてようやく、息ぜいぜいで18番に着いたら

汗だくで一番乗りした若手が困惑顔で

そこは「札幌行き」のカウンターでして

CAが「高知」行きのチケットを差し出されて、キョトンとしている

連絡行ってないのかい!?

とすると若手が「ここじゃないみたいです……」なんて言う

18番は18番でも、一度ロビーに出て

あらためて18番の搭乗受付カウンターで

手続きしろということだったらしいのだ

我々の同行者のボスが怒鳴り散らす前に

中年過ぎた会社員の方が、CAに怒鳴り始めた

当然だよ

あんな長い距離を、走って、走って、ようやくたどり着いたのに

ここじゃないって、なんだ?

俺は構内を走って、喉をやられたみたいで

突然、咳が止まらなくなってるし

そこにいかCAたちなのか、空港職員なのか知らないが

彼女たちも困惑

何度か、どこかと連絡をとったあげく

そこに走って来た全員を連れて、

ぞろぞろ歩いて、ロビーへ出て、改めて18番カウンターに向かう

だがもうそのときは当然9時30分発の飛行機に乗れるわけがない

さっき怒鳴った中年過ぎの会社員の方は

「もうJALには乗らん! この先の予約を全部キャンセルしろ!」

と怒鳴ってる。

この人、定期的に高知へ行く方だったようで、

全部の予約をANAに変更したようだ。

そりゃ、怒るわ

欠航だったくせに、次の便に乗れるのは先着30人だから走れ

ずーっと先の方に窓口があるから

そこまで走れ! 早い者勝ちだぞ!

年寄りも、若者に負けずに走らないと、乗れないぞ。

欠航したくせに、客を走らせるとは何事だよ?

なんでその場で電話なりで連絡取り合えないかね

むかつくわ〜

結局、11時過ぎのANA便に乗り換えて

やっと高知にたどり着いたわけですが

私は喉が痛い

一番先に走った若手も、全身汗だくで、喉をやられていた

欠航なんてしょっちゅうあるんだし

どうしてそういうときのマニュアルがないんだろ

しかも、CAたちは誰も慌ててない

困った顔はしてたが

次の手を打ってない

乗客予定の人たちをどうしようかという手段が全く取られていない

これがJALの実態か

呆れましたよ

心底、呆れましたよ

こんなの民間の会社ではありえない

すぐ潰れるよ

考え直しなさいよ、JAL

あんなの駄目

話にならない。

 

という、久し振りに腹が立った話題でした。

長文失礼。

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 14:25 | category: - |
# 沈黙ノススメ

この「沈黙ノススメ」ですが

相手は戦わなければならない相手に限定です

好きな人を相手にしたときは、これはいけません

自分が、相手の説得で納得できるような

素直に付き合える相手の場合は

きちんと話し合います

その場合は損得勘定もなし、勝ち負けもないので

素直に全部話し合います

理解し合いたい相手ですので

 

さてそして……

宮本武蔵や居合抜きの話をチラッと書いたので、

ついでに、もうひとつ……

 

野球をやってて

9回裏、1点リードで最後の守り

この回を守りきれば勝利というとき

どうなんだろう

きっと、守ってる方がプレッシャーは大きい

勝ってる方がプレシッシャーは大きく、

負けてしまうかもしれない、逆転されてしまうかもしれないことに、

ドキドキと怯えてるに違いない

経験のある人は判ると思うが

負けてる方が、9回裏に逆転してやるぞというパワーに溢れ

気持ちの勢いもある

 

戦いの勝ち負けっていうのは、表面に顕れているものとは違う気がする

討論の場でも、ペラペラ喋ってる人と

じっとそれを聞いている人とを、

第三者が見てると

黙ってる方が勝ってるように思える

何か逆転の手を持ってるに違いないと思いませんか

あるいは、ハナから相手にしてないな、とか。

 

そうか、話題の貴乃花ですね

あれは、沈黙の戦法ですね

批判も多いかもしれませんが

あれは絶対、懐に反撃の刀を隠してるぞ、と我々は思いますもんね

 

逆に、自分がペラペラ喋ってて

相手が頑なに……この頑なな感じが大事なんですが

頑なに沈黙を守っていたら

やっぱり相手が怖いですもんね

何を考えてるんだろう

どう反撃して来るんだろうかと……

 

中途半端に反撃すると相手の思うツボですので

沈黙は守りきる

 

口を開いて言い合っても

相手が好きな人だったり、大事な人でなければ

どうせ、真実とか正解に向かっての話し合いなんて出来ないに決まってる

どっちが勝つか負けるかという、

口のうまさを競うような

そういうレベルの討論になることは明らか

 

だったら宮本武蔵や居合抜き戦法で

だまって、相手の顔をじ〜っと見てればいい

そっぽを向いてはいけない

相手の顔をじ〜っと見て、話を全部聞いてるフリをする

その間、心の中で、こっちの答えと反論をじ〜っと考えてればいい

最終的には、言っても判らない相手なので、言わないが……

 

そのうち相手が我慢出来なくなって「どうなの?」と言って来たり

こっちの沈黙に激怒して来たら

「どうぞ。続けてください」

と、私はよく言います。

そこまでの話は全部無視しましたという一言ですね。

不愉快だろうね、相手は。

気持ち悪いだろうね、相手は。

その顔を見るだけで、私は面白いし、気持ちいいのです

 

口べたな私が、討論して理不尽に負けたストレスを考えたら

これが一番なのです。

そもそも脚本家になろうなんて人は、口下手なんですよ

だから、物書きになってるわけでして。

沈黙の戦いはオススメです。

 

以上、沈黙ノススメ第4弾でございました。

 

まだ続きますので、あしからず……。

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 16:24 | category: - |
# 沈黙ノススメ

口下手なんだからしょうがないよね

言い争っても絶対負けるもの

頭の回転の早い人はいいけど

そうでない人は、口喧嘩しても

思うように言葉が出なくて、

悔しい思いをするだけだもの

だから沈黙

 

でも、その場合、下手をすると、イジメの助長につながるので注意。

子供たちや若い人の場合、戦うときは戦ってくださいね。

 

大人ならば、

沈黙してるときに

おまえ、いつか100倍返ししてやるからな

という攻撃オーラを目一杯出して、沈黙してやる

これは結構、効果ある

だって、意図的に沈黙してると

大体、相手が話を引っ込める

あれは相手が怖がってる証拠

これは面倒な口論がさっさと終わって、大変よろしい。

 

こういう文章だけ読むと、

これ書いてる奴、ちょっと危ないなと思うかもしれない

でもそうではない

宮本武蔵の後年を御存知だろうか

あの人、刀を抜かずして勝つというポリシーに辿り着いてますよね

それなんです。

戦わずして勝つ

これが沈黙ノススメ

 

同じように、居合抜き……

これもまた、刀を抜いたら、その瞬間に斬るぞ

という脅しをかけて、じっと刀の鞘を握って身構えている

相手は、刀を抜かれたらアウトだと思って動けない

これもまた、抜かずして勝つ手法です

これが沈黙ノススメ

 

おもろいなあ。

だから、まだ続けてみようかと思う次第です。

 

| comments(2) | trackbacks(0) | 03:35 | category: - |
# 沈黙ノススメ

だってね、人の意見が合うってとっても少ない

どっちかが妥協するしかないわけで

意見をぶつけて言い争ったとしても

結局、上司か、立場が上の人か

あるいは、口のうまい人が勝つ

正しいか、間違ってるかではない結論が出る

師匠が黒いものを白いと言ったら白なんだ

という日本古来の言い伝えもあるほどですからね

当然、負けた方はストレスが溜まるだけ

言い争えば言い争うほど、負けたときのストレスは大きい

悔しさとか納得いかない感が多く残る

だったら最初から黙ってた方がいい

何を言われても、沈黙

どうなの? と問い詰められても、沈黙

どうせ言い争って勝てないんだから、沈黙

そのうち相手も諦めて、その話を切り上げる

その方が、俄然ストレスは少ない

その方が、イヤな争いごとをさっさと忘れられる

その方が、心の傷は少なくて済む

 

というのを私はこの歳になって覚えたわけです。

沈黙ノススメ、です。

 

つづく……。

 

 

 

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 14:31 | category: - |
# 沈黙ノススメ

最近、何を言われても、

反論もせず、弁解もせず

じーっと沈黙する術を体得しつつあります。

 

これについては

思うところがたくさんあるので

また書きます

 

それにしても寒い

空気が冷たくて、すごいね

道はまだ氷になってて

恐ろしい

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 14:14 | category: - |
# 油断したので、ニンニク……

晩飯のあとにちょっとソファで横になったら

そのまま寝てしまって

起きたら熱が出てしまった

油断した……

 

薬を飲んで、あとはやっぱりニンニクでしょうか

私の風邪ひいたときの必須なんですが

ニンニクひと玉をごま油で浸して

塩をかけて

ラップして

レンジでチンを2回やる

一回だと、まだちょっと固かったりするが

2回やると、ホクホクになる

 

一応、これを食べると、元気になる

……はずだ。

 

血圧的には、塩をかけるのがいけないんだけど……

まあ、いいか

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 23:56 | category: - |
# 送る会

昨夜は、年末に急逝された俳優の深水三章さんの「送る会」に列席。

予定されていた人数を大幅に越えるたくさんの方が列席されて

大盛会でした。

深水さんの人柄なんですね。

 

私は、亡くなる一時間前に、久し振りに話をすることが出来まして

天がくれた時間かと感謝しています。

深水さん、いつもより顔が明るくて、キラキラしてたんですが……。

 

いろいろ思い出もありますが……

 

ご冥福をお祈りいたします。

| comments(0) | trackbacks(0) | 06:27 | category: - |
Comments
Archives
Profile
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links