d's diary

日々敵前逃亡……淫らな煩悩をこよなく愛する人々のために
<< February 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
<< 叶姉妹 | main | エーケービー >>
# 「お願い! フェアリー」

「お願い! フェアリー」って、ポプラ社から出版されている児童文学シリーズです。

作者の「みずのまい」さんと知り合いなので、一巻から拝読させていただいてますが

一番最近の作品が「キセキの運動会」という運動会編。

これが実に面白いんです。

展開はスピーディーで、サスペンスは効いてるし、登場人物はみんな素敵だし、

意外な展開の連続だし、何より、この私も時々オエッとなっちゃうくらい感動の連続だし、

テーマもしっかりしてるし、時折り、さりげなく挟まれる人生訓も

オトナの私が「そうか! なるほど!」と思っちゃうくらい説得力ありますし、

勝ち負けではない人生の生き方を教えてくれてます。

まあ、見事な作品です。

誉めすぎかもですが、それに値する面白さです。

私、一巻から拝読してますが、この運動会編がもう16巻目だそうです。

アマゾンで紹介してますので、その一巻の紹介ページを抜粋して以下に貼り付けます。

 

 

「お願い! フェアリー」

わたし、水野いるか。
勉強も苦手、運動も苦手……学年一のダメ小学生。
そんなわたしの前に、ある日、フェアリーがあらわれた。
誰にも話せないことでも相談にのってくれて、どんな時でもわたしを励ましてくれる、フェアリーは絶対の味方!

――いるかちゃんには大好きな人がいます。かっこよくて、クールな柳田貴男。柳田はやさしいけれど、女の子の気持ちにはびっくりするくらい鈍感な少年。
でもフェアリーに励まされて、いるかちゃんは少しずつ柳田と仲よくなっていきます。ところがそこに、超美少女のライバル・西尾エリカが立ちはだかり……
不思議な存在フェアリーに助けられながら少しずつ成長していく女の子の物語。
むちゃむちゃに面白いけれど切ない、切ないけれど元気が湧いてくる作品。
小学生女子の気持ちをがっちり掴む、100%女の子の味方のシリーズ、スタートです!

 

 

ちなみにこの「お願い! フェアリー」が、みずのまいさんのデビュー作。

そのデビュー作が16巻まで続いちゃうなんて、本当に素晴らしい。

 

小学生のお子さんがいらっしゃるお父様、お母様、是非お子さんに読ませてあげてくださいませ。

面白いし、ためになります。

| comments(7) | trackbacks(0) | 23:02 | category: - |
コメント
はじめまして 石原さんの高校の5年上の者です。
小学6年生の孫娘にプレゼントしようと思いますが、
まずは第1巻から読むべきでしょうか?

「捜査一課長」全回見ました。おもしろかったです。
これからも、がんばってください。
| ひろし | 2016/07/04 5:13 PM |

ひろし様
なんと、高校の先輩ですか。
ありがとうございます!
感謝です。
「捜査一課長」も観てくださったとは、重ねて感謝です。

「お願い! フェアリー」は、本当によく出来てますので、是非お孫さんにプレゼントしてあげてくださいませ。
ただ子供目線の作品ではなくてオトナへの道程が書かれてあるので、オトナも時々ドキッとするところも素晴らしいです。
そういう意味でも、やっぱり第一巻の方が、ヒロインの設定や人間関係が詳しく書かれてるので、分かりやすいかと思います。

今後ともどうぞよろしくお願いします。
| いしはら | 2016/07/05 2:21 PM |

石原さま。

ブログでおねフェアを取り上げてくださり、ありがとうございます。

なぜか、おととし発売の12巻、ゴーゴーお仕事体験がさいたまの夏の推薦図書に選ばれました。10巻も同じ枠の推薦図書にいぜん選ばれたことがあり、いろいろいいことがあったので、今年もあるといいなと思っております。

ひろしさまは先輩なのですね。
私が10才のころにあこがれていた水泳のコーチがたしか、ひろしさんでした。
(くだらなくてすみません)
| みずのまい | 2016/07/06 6:17 PM |

みずの先生
推薦図書になってたんですか。
それは素晴らしい。
お見事です。
私も見習いたいが、大体殺人事件がおきてるからなあ。

| いしはら | 2016/07/07 1:24 AM |

石原さん おすすめにより、第1巻を送りました。
夕方に着いた本をすぐに読み始めたようで、次の日の夜に「おじいちゃん、本を送ってくれてありがとう。チョーおもしろかったよ」というメールが来ました。
今夜には、「学校図書室の第2巻は貸し出し中だったので、残っていた第8巻を借りてすぐに読み切った。これもおもしろかったよ。市立図書館で2巻以降を借りるね。」というメールが来ました。
チョー気に入ってくれたようで私もうれしくなりました。
本好きの孫たちをもって、幸せです。
ありがとうございました。
| ひろし | 2016/07/08 10:43 PM |

ひろしさま。


お孫さんに「フェアリーはいつも○○ちゃんを見守っているよ」とお伝えください。
| みずの | 2016/07/09 11:09 AM |

ひろし様
お孫さんにお気に召していただいて良かったです。
図書館に第二巻を借りに行ってくれたとは、作家にとっては感激の極みでしょう。
紹介した甲斐がありました。
ありがとうございました。
| いしはら | 2016/07/09 3:14 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.windshouse.net/trackback/1098321
トラックバック
Selected Entry
Comments
Archives
Profile
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links