d's diary

日々敵前逃亡……淫らな煩悩をこよなく愛する人々のために
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 放映情報! | main | 「屋」 >>
# 散歩の成果

本日、用事があって世田谷区役所に行ったわけですが

用件を終えて表に出たが

近くの駅へ行って電車に乗ると

家へ帰るには遠回りだということが判った

それで、歩いて帰ることにした

家まではかなり遠いが遠回りでない

結局、一時間半も歩くことになったのだが……。

でも、知らない街を歩いていると、面白い

おいしそうなパン屋さんがあったので入ってみた

小さな店なのにディスプレイの向こうに

女性の店員さんが四人もひしめいていた

時間によっては相当混む店なんですね

おいしそうだったら、五個くらい買ってしまった

歩きながらひとつ食べた

すっごいしっとりして実にうまい

相当うまい

帰って検索してみたら、一番上に出て来た

『ベッカライ・ブロートハイム』という店でした。

桜新町ですが、お近くの方にはオススメです。

 

それからまた暫く歩いていくと、店名のない小さな店があった。

何気なく通り過ぎて、ハッとした

ん? おはぎ?

店の前に出ていた小さな黒板に「こしあん ×円」とか、書いてあった

後戻りして店を覗いた

ホント小さな店で、真ん中にテーブルがあってそこにおはぎが載ってるだけ

ディスプレイとか、店らしきものは何もない

中央のテーブルに、七種類のおはぎが載ってるだけ

なんと、おはぎ専門店やないか

私、おはぎ大好きなので、入っちゃいました

「おはぎ、売ってるんですか」

という間抜けな一言を吐いて

五種類のおはぎを買いました

それがこれ……。

 

 

しゃれてるでしょ?

つぶあん、こしあん、ごま、れもんとなんとか、あと忘れた。

五個です。五種類です。

是非また来ようと思ったが

週に二日くらいしか店を開けてないようだ

でも、おいしそうでしょ

まだ食べてないんだが、絶対おいしいに決まってる

店のお姉さん、すっごいきれいだったし

うまいに決まってる

店の名前?

『タケノとおはぎ』?

待って。検索する。

出た。

https://tabelog.com/tokyo/A1317/A131707/13192381/

これ。

このブログ、無断で、ごめんなさい……

http://blog.kimutax.com/Takeno-to-Ohagi

詳しいです。

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 01:31 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.windshouse.net/trackback/1098365
トラックバック
Selected Entry
Comments
Archives
Profile
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links