d's diary

日々敵前逃亡……淫らな煩悩をこよなく愛する人々のために
<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< こんなに連日は困る…… | main | やっぱりむかついた…… >>
# 「欲望という名の電車」

締切り直前だというのに、観に行ってしまいました。

大竹しのぶ主演の「欲望という名の電車」の舞台

映画では勿論観てるんですが、舞台は初めて

一昨年だったか、高畑淳子さんがやって大好評だったんですが

これが観に行けなかった

なので、今度はどうしてもこの舞台を観たかったんで、しょうがないね

でも行って良かった

大竹しのぶはすごい。

 

以下ネタバレになりますので、

これから観に行く人は読まないようにしていただきたいのですが……。

全編の3分の2くらい、ひとりで喋りまくってます。

いや、もっとかもしれない。

とにかくひとりで喋りまくってる

ひとりで芝居しまくってます

長ゼリフなのに、全部きちんと聞き取れる

耳障りがいい

それにしてもあんな長いセリフ、一体、どうやって覚えるんでしょう。

約3時間の舞台の、3分の2くらい、ひとりで喋ってますからね

それだけで感動してしまいますね

 

虚実曖昧の演技も、徐々に嵌まっていく感じが見事

ちょっと変で、迷惑なお姉さんが

次第に本格的に変なお姉さんに至るあたりは

すっかり引き込まれてしまって

実に恐ろしい人だ

 

ラスト、客席の通路を去っていくときに

私の目の前数十センチのところを通って行ったんですが

あの、もう、精神が遠くに行っちゃった顔は

一生忘れないでしょう

心と身体が完全に分離した顔をしてました。

どうすれば、ああいう顔が出来るようになるんだろう。

……と、女優さんたちはみんな思うんでしょうね。

 

まあ、とにかく凄かったです。

原稿の締切りが半日遅れて申し訳なかったですが

行かせていただいて良かった

すみません

ではガンバリマス。

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 04:11 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.windshouse.net/trackback/1098399
トラックバック
Selected Entry
Comments
Archives
Profile
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links