d's diary

日々敵前逃亡……淫らな煩悩をこよなく愛する人々のために
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 沈黙ノススメ | main | 初のカルチャースクール >>
# 沈黙ノススメ

私、冬季オリンピックは、あんまり興味がない

真央ちゃんのときは興奮しましたが

あとはそうでもなくて

前の前の冬季オリンピックのときに

カーリングっていうのを初めて見て、

そこから結構ファンになってたくらいでして。

あとはアイスホッケーと、日本選手がメダルをとれそうな競技を観るくらいでしたが……

今回の平昌は違いましたね。

フィギアの昌麿くんと坂本花織ちゃんが好きで応援したり

スピードスケートは金メダルが取れそうというので応援したり

女子アイスホッケーが、やっちゃうかもしれないというので応援したり

カーリングは勿論、放映があった全試合応援したしで

結構、観ちゃいましたね。

それでまた日本選手が普通にメダルに絡んで来るようになったので

どれを観ても楽しかったですね。

特に、最後の方のパシュートとかいうのとか

カーリング3位決定線とか

マスなんとか、とか

これは連チャンで興奮しましたね

泣きそうでしたね

パシュートも、高木菜那お姉ちゃんもレース運びが完璧でしたし

カーリングの最後の試合は、日本の試合の中では

一番レベルが高い試合だったかもだし

更に、最終日にやったアイスホッケーの決勝戦

OAR対ドイツ。

これがまたすごかった。

あれは歴史に残っちゃいますね

というわけで、今回の平昌は

小平選手の抱擁ニュースを含めて

大変楽しませていただきました。

皆様、ありがとうございました。

 

さてそしてその中で一言言いたいのが……

スノーボード・ハーフパイプの平野歩夢くん。

彼、金メダル候補で、銀だったのですが

前回も銀で、当時15歳

そのときは、その服装で物議を醸しましたが

それから4年

マスコミへの対応がすごかった

どうせ難しいこと言ったって判らんだろうと

優等生コメントのみで対応

ライバルだった金メダルの選手への称賛も忘れない

見事にオトナの対応

でもチラッと「審査員はもっと細かいところを観てほしい」と発言してた

ということは、やっぱり、言いたいこと山ほどあるのに

じっと我慢して

優等生コメント

言ったってどうにもならんし

誰かの悪口になるし

愚痴になるしで

何も言わなかった

すごいですよ、19歳

カッコイイ

人間が大きい

この4年間で多くのことを経験したんでしょうね

これが「沈黙」することのカッコ良さ

やっぱり、頂点に立つ人たちは違いますね

「沈黙」の意味を知ってる

ですので

私は「沈黙」をオススメするわけです。

カッコイイですよ

人間大きいですよ

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 02:14 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ibull.jugem.jp/trackback/1098421
トラックバック
Selected Entry
Comments
Archives
Profile
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links