d's diary

日々敵前逃亡……淫らな煩悩をこよなく愛する人々のために
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 旅に出ました | main | 放映情報 >>
# まずは伊勢神宮
まずは、伊勢神宮
外宮から内宮へ
神社へ行くと私、結構、肌がピリッとしたりするんですが
今回それが全くないのです
ごく普通に境内を歩いて
普通にお参りして
という感じなのです。
でも、天照大神様には
きちんと感謝の気持ちは伝えてきました。
二礼二拍手一礼のときは、やっぱり
場所が場所だけに緊張しましたね。

背景の山々がすごいですよね。
川とその両岸の森とか
それなりに感動したわけです。

そのあと、おかげ横丁で
松阪牛の串800円を一本と
牡蠣フライの串250円をいただきまして
赤福は、今回はスルーして
次の熊野市に向かいました

熊野市には「花の窟神社」という
イザナミノミコトの御陵という神社があるんです
イザナミノミコトは神様なので、御遺体はないのですが、
そのかわり
物凄い巨岩が聳えてるのです
これが御神体なのですが
これは圧倒されました
夕方で社務所ももう閉まった時間で
人もいなかったからでしょうか
荘厳でした
そしてそこに、
イザナミノミコトから産まれたときに彼女を火傷させて
死に追いやったことになってる火の神の御陵もあるんです
やっぱり母子なんですね
これは、なんだか感動してしまいました

さてそして翌日の熊野三山に向けて
宿泊地の紀伊勝浦へ向かったんですが
その三両編成の電車、私とあと二人の大人以外、
乗っているのは学校帰りの
全員高校生なんです
三、四十人くらい
電車の本数が一時間半に一本くらいだからでしょうか
しかも電車に乗ってる時間が
一時間半くらい。
みんな、なかなか降りない。
嘘でしょ
この子たち、毎日こんな遠くを
往復してるのか
すごい
しかも英単語覚えたりしてる
これもちょっと感動

泊まった宿は、「訳あり」とかで
すごく安かった
改装途中でエアコンがついてなかったのです
でも今の時期なので全く問題なし
お風呂も良くて、かなり快適
ただし、全館禁煙
二階の小さな喫煙ルームに何度か通いました
到着が遅くて食事は間に合わなかったので、料理の味は判りません

さてそして、いよいよ熊野三山。
乞うご期待
というほどでもないが、
なるほど…の、一日でした
| comments(0) | trackbacks(0) | 18:52 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ibull.jugem.jp/trackback/1098437
トラックバック
Selected Entry
Comments
Archives
Profile
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links