d's diary

日々敵前逃亡……淫らな煩悩をこよなく愛する人々のために
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 放映情報 | main | 猿田彦神社 >>
# 熊野三山、行って来ました

さてそして、ひとり旅の報告

 

行って参りました熊野三山

 

「熊野本宮大社」

「熊野本宮大社 写真」の画像検索結果

※この女性はいません。

 

「熊野速玉大社」

 

「熊野那智大社」

 

以上3社と、それから那智大社の隣にある

「那智山青岸渡寺」の1寺……

 

※後ろに見えているのは那智の滝です。

 

以上3社と、一寺を「熊野三山」といいます。

その「熊野三山」が、御存知「熊野古道」で結ばれているわけです。

 

下の写真、熊野古道で有名な大門坂

こんな道が延々続いてるわけです……

 

「熊野古道」の写真はたくさんあるので

ちょっと別サイトから拝借しますと

 

「熊野古道写真」の画像検索結果

※こんな人は歩いてません。

 

 

「熊野古道写真」の画像検索結果

※この女性はいません。

 

まあこんな写真をみてしまうと

歩きたくなりますよね。

私、遊歩道好きですし、歩く気満々だったんですが

実際歩いてみたら、ほんの十メートルくらいでギブアップでした。

昔の人はよくもこんな道を大阪やら京都やら奈良から

何日も何日もかけて歩いて

熊野詣でをしたもんだとびっくりです。

 

ちなみに、この三社、地図では割と近くにあるんですが

実際の距離はとんでもなく遠い。

現地へ行ってみて、紀伊半島の大きさを思い知ったわけで

前の日に、地図を見ながら、電車やらバスやらでの行程を研究したんですが

とてもじゃないが、一日では回れない

しかも、東京から現地へつくまで7時間くらいかかる

朝出ても、着いたらもう廻れない

困ったあげく、結局、「熊野三山観光バスツアー」というのに申し込んでしまいました。

9000円くらいで、朝から夕方までの間で

「熊野三山」を巡ってくれます。

昼食と、おみやげもつきます。

大きなバスに9人だったので、実に快適でした。

あの山道は、自分の車で行っても

路線バスを乗り継いでも、ただ大変の一言だったと思います

熊野観光バスさん、ありがとうございました。

 

でもですね、一周廻って三時半に現地の駅「紀伊勝浦」に戻って来たんですが

そこから東京へ帰るのに

待ち時間を合わせて、またまた7時間くらいかかるわけです

いやあ……それは……で、挫けた

ということで、もう一泊してしまうことにしました

一泊するなら明日、昨日、行けなかった、あそこへ行こうと考え

あそこの近くの駅まで電車で向かったのですが

着いたのが午後8時頃でした……

いやはや、どこへ行くのも時間がかかる

電車の待ち時間も平気で一時間半

 

でも、熊野三山は良かったです。

那智の滝も良かったです。

なんたって、いずれも「世界遺産」ですからね。

 

では、翌日、あそこへ行った話を書きます。

 

あ。

那智の滝の写真を載せてない。

どっかから引っ張って来ます。

 

とりあえず、こういうふうになってます

 

おまけにもう一枚

鳥居がある。

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 18:52 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.windshouse.net/trackback/1098439
トラックバック
Selected Entry
Comments
Archives
Profile
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links