d's diary

日々敵前逃亡……淫らな煩悩をこよなく愛する人々のために
<< February 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
# 信号がうざい
新居に移って唯一不快だったのは
駅からマンションに向かう道
何故か、やたらと四叉路、五叉路があり
いずれも生真面目に信号が設置されてる
だが、あちこち赤や緑がついてて
どれがどの横断歩道の信号なのか
よく判らない
実に苛立つ 
でも、転居して約一ヶ月半
前からこのあたりに住んでる人の流れを見て分かった
みなさん、信号は無視です
殆どの人が目視で道を渡っている
しかも、スクランブル交差点のように
斜めに横断していく
元々、車があまり通らない道だし
赤信号でまってても車が一台も通らないことが多々あり
これもまた苛立っていたわけだが
これですべてが解決した
横断歩道は目視で渡る
機械やらコンピューターなど信じない方がいい
自分の目が1番だと…
そう思うには、ちょっと歳を取りすぎてしまったが
なんとか無事に横断歩道を斜めに渡り続けたいと思います
| comments(0) | trackbacks(0) | 16:37 | category: - |
# スビリチャルなので
私、他人頼りの人生を生きて来たので
スビリチャルやら運勢やらの話は大好き
最近またその神様頼りや所詮は運命だみたいな、都合のいい悟りに拍車がかかっております
その情報の中で、昨年は人々みんなにとって、変化の年だったのだと今更知りました。
そして昨年の段階で、いい方へ行く人と悪い方へ行く人の結論が出てしまってるそうな。
そういえば…
確かにたくさんの変化がありました
仕事も住居も、あれやこれや
これ、いい方に進んでるのか、悪い方へ進んでいるのか
どうも、今までの感覚でいうと、とっても悪い方へ向かってるんだが
考えようでは、とっても自分に近い道へ歩み始めたのではないかと
思うようになりました
なので、今年以降の人生が
とても楽しみになってきた次第です
決して強がったりしてるわけではなく
そう考えると、年末に入った幾つかの情報が
その後の展開ではとても楽しみなのです
なので、乞うご期待です
| comments(0) | trackbacks(0) | 12:06 | category: - |
# 謹賀新年!
明けましておめでとうございます!

半年ぶりの更新です。
その間に覗きに来てくださった皆様、何の変化もなく申し訳ありませんでした。
今年はなんとか、ほんの少しずつでも、いろいろ報告出来ればと思います。


昨年11月に仕事場を移転しました。
同じ用賀で、駅からの距離も同じくらいの場所です。
一部屋少ないところに移転したので、トラック1台分の荷物を捨てました。
かつての私の名作が録画されているVHSも段ボール箱15箱分を、ついに捨てました。
さすがに台本は捨てられませんでした。
本やDVD、CDも大量に、売ったり捨てたりでしたが、不思議なことに、なんとなく身体と心も軽くなったような気がします。
断捨離ですかね。

テレビ業界は二時間ドラマがすっかり衰退してしまいましたが、隠れたファンも多いので、まだみんなで頑張ってみたいと思います。

私自身はやりかけたことやら真っ最中やら中断中やら、いろいろあるのですが、とにかく全部やり切ろうという覚悟で、今年は気合を入れ直します。 

昨年夏に手相見のひとに、「あんた努力してないね」と言われたことが、とっても良かった。あれ以来、前向きに努力しつつ頑張ってます。

とにかく皆様、今年もよろしくお願いします。
| comments(0) | trackbacks(0) | 12:43 | category: - |
# 止まってしまった

神社脚本の進行がパタリと止まってしまった。

困ったなあと思って、今日は遅延していた税金払ったり

宝くじ買ったりして、くそ暑い中を散歩してたら

ふっと思いついた。

アイデアが浮かんだ。

なるほどなあ、アイデアってのは、やっぱり空気を変えると浮かぶものなのかと

あらためて感じた日でした。

もっとも、散歩から帰ったら疲れ果てちゃって

原稿は進みませんでしたが……。

明日から頑張ります。

 

でも明日は、某中学校へ「脚本家という職業について」という講演にいくから

帰って来たらきっとまた疲れて仕事にならないか……。

まあ、いいか。

でも中学生に「脚本家という職業について」、どう話せばいいのか全く判らない。

これから考えないと……。

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 00:48 | category: - |
# クレームつけちゃいました。

そういうことあんまりやらないんですが

なんだか頭に来たので、ある店にクレームつけてしまいました。

店員さんの対応が、マニュアル通りちゃんとしてるんですけど

作り笑顔が気になったし、言葉も丁寧なんですが早く終わらせようという態度が見え見えで

慇懃無礼だなとすごく不愉快になりまして

そしてちょっと実務的なことで、その店員さん、面倒なので手を抜いたなと思ったことがあったので

本社のホームページのサポートに「接客が慇懃無礼だ」って書いてやったんです。

そしたら、すぐにサポートの人から「申し訳ありません。教育不行き届きでした」などと返信が来まして

その店員さんに事情聴取したのかどうか判りませんし

そんなに私、脅したわけでもないし、何を要求したわけでもなく

ひとこと言いたかっただけですと伝えただけなんですが。

それでもサポートの人が丁寧に謝って来て

すぐお客様の要望通りにしますとか店長に電話させたいのですが、なんて言って来る。

いいよ、そんなこと、と答えたのですが

謝罪したいというので、判りましたと答えたら

店長さんから電話があって謝罪されまして、私が買った商品も、お望みの品にすぐ変更しますと言って来た。

私はその商品についてはもう諦めてたんですが「そうですか? それならお願いします」と言ってしまいました。

しかも郵送で、予定の日より、早く到着しまして

ありがたいことです。

まあでも、その店員さんもマニュアル通り、

笑顔も作ったし、言葉も丁寧だし、接客も間違いなくやったつもりなのに、

どうして店長に説教されなきゃならないのかと怒ってるでしょうね、きっと。

でも、気持は客に伝わるから。

優しく対応して欲しいよね。

店員は毎日その商品を扱ってるから、説明するのも面倒でしょうが

客は、そうではないですから。

一万円を越える商品ですし、間違ったら買い換えればいいというものでもないですし。

すいません、よろしくお願いします。

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 02:07 | category: - |
# 「南太平洋」

今日は、初台の新国立劇場でミュージカル「南太平洋」を観て来ました。

藤原紀香さん主演です。

以前、私の舞台のときに歌唱指導をしてくださった宝塚出身の「ちあきしん」さんが

このミュージカルでは、歌唱指導をやりながら自らも出演するというので、拝見させていただきました。

ちあきさん、さすがに歌も踊りも演技も抜群にお上手で、役柄もあったんですが、貫祿でした。

ちょっと前に観たミュージカルが「ドリームガールズ」で

あのスピード感と迫力がすごかったので、ちょっと全体にゆったり感を感じましたが

でもやっぱり、ああいう大劇場でやれるっていうのは羨ましいです。

老後の目標のひとつに、それも加えてみますかね。

ああいう大劇場の脚本を書く!

……もう無理か。

 

昨夜は、某グループが、私の誕生パーティーをやってくれました。

懐かしい顔も何人かいて、ありがたい限りです。

私はもう何歳になるんでしょうか。

来年も出来るんでしょうか……。

でも私、筋肉の衰えは顕著にありますが

病気かな? と思うところがどっこもないんです。

いまどき、長生きしてもそんなにいいことなさそうだし

寿命は普通以下でいいんですが。

ガン保険もあと一年半で期限切れになってしまうので

なるなら早めにと思ってるのですが……。

でも痛くないヤツにしてください。

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 21:40 | category: - |
# やっぱり商店街?

知人に、スープカレーの素という瓶詰めをいただいたので

今日は、36.7度という猛暑の中、スーパーまで材料を買いに行きました。

野菜類はスーパーてすが、お肉はいつもお肉屋さんです。

全く味が違っておいしいですから。

そこで「何作るの?」「カレーです」という会話を奥さんとして

カレー用の牛肉を買ったんですが

ちょうど昼食中だったご主人が奥から出てきて

冷蔵庫を物色すると「これ、持って行きな」と何か渡してくれる。

「8時間煮込んだスジ肉。一個、カレーに入れればおいしいよ」

というのだが、その煮込んだ肉の塊が袋に4つくらい入ってる。

量にしたら200グラムくらいはあるかもしれない。

「こんなに多いよ」と言ったら、今度は奥さんが

「残りは冷凍庫に入れておけばいい」と言う。

なんと素敵な御夫婦なんでしょう。

スーパーではこうはいきません。

やっぱり商店街は、商店街で素敵ですね。

頑張って、残さないと……。

| comments(0) | trackbacks(0) | 17:46 | category: - |
# 「オン・ザ・ハイウエイ その夜、86分」

「オン・ザ・ハイウエイ その夜、86分」という映画をDVDで拝見。

予告編を観たときに、すぐにスピルバーグの最初の作品「激突」を想起した。

「激突」もまた車一台とトラック一台の追いかけっこだけを描いて一本の映画にしてた。

この「ハイウエイ……」も、そんな事件がらみのサスペンスかと思ったが、そうではなかった。

いわゆる警察や刑事が絡む事件ではなく、日常に起こり得る事件だけを素材にしている。

ただやはり日常なので、そこまで追い詰められるのかなあという疑問は時々残る。

でもその日常のサスペンスを成立させるために、あの手この手の背景を作っているという努力は認めますが。

 

とりあえず、下に、某サイトからの説明を貼り付ける。

 

ロサンゼルス映画批評家協会賞やイギリスのインディペンデント映画賞などで称賛された異色のサスペンス。思わぬ状況に追いやられる中、高速道路を車で走る 男の胸中に漂う不安や焦燥を見つめる。監督と製作総指揮に『ハミングバード』などのスティーヴン・ナイトと『つぐない』などのジョー・ライト、主演は 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』などのトム・ハーディ。先の読めない展開に加え、車内を舞台にしたトムの一人芝居だけで物語が進む特異なスタイル が斬新。

シネマトゥデイ (外部リンク)

超高層ビルの工事を手掛け、翌日に重要な作業に控えている大手建設会社のエリート社員アイヴァン(トム・ハーディ)。妻と息子たちの待つ家に帰ろうと愛車 のBMWに乗り込むと、1本の電話がかかってくる。それを機に、彼は自宅ではなくロンドン方面の高速道路に車を走らせていく。電話で部下に翌日の作業を一 方的に押し付け、妻に自宅に戻れなくなった原因を告げるアイヴァン。一刻でも早くロンドンに向かおうとする中、困惑する部下、解雇を宣告する上司、憤怒す る妻からの電話を受け取る。

 

という映画だが、とにかく登場人物はたったひとり。

あとは電話の声だけの出演。

映像も車内と、走る車が九分九厘。

そういう意味では画期的な作品だが、ハリウッドはこういうのをたまに作りますね。

製作費に困ってる日本の若手映画人も、このパターンはありだと判ってはいながら

なかなか、これだというアイデアがないのでしょうね。

ラストも……なんというか、いいような悪いような……

これはこれから観る人もいると思いますので書きませんが

私としては……どうなんでしょうか、という印象でした。

 

さてそして今日もまたウォーキングをしなかったので、夕方ゴルフ練習場へ。

そしてまた60発で音を上げて、汗だくで帰宅。

これはマジでやばいね。

本気で体力鍛えないといけない。

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 01:19 | category: - |
# 「駆込み女と駆出し男」

今更ですが「駆込み女と駆出し男」をDVDで拝見。

 

某サイトの紹介を以下に貼り付けます。

 

劇作家・井上ひさしが晩年に11年をかけて執筆した時代小説「東慶寺花だより」を映画化。江戸時代に幕府公認の縁切寺であった東慶寺を舞台に、離縁を求め て寺に駆け込んでくる女たちの聞き取り調査を行う御用宿の居候が、さまざまなトラブルに巻き込まれながら訳あり女たちの再出発を手助けしていくさまを描 く。『クライマーズ・ハイ』、『わが母の記』などの原田眞人監督がメガホンを取り、主演は大泉洋。寺に駆け込む女たちを、『SPEC』シリーズなどの戸田 恵梨香、実力派の満島ひかりらが演じる。

江戸時代、幕府公認の縁切寺として名高い尼寺の東慶寺には、複雑な事情を抱えた女たちが離縁を求め駆け込んできた。女たちの聞き取り調査を行う御用宿・柏 屋に居候する戯作者志望の医者見習い・信次郎(大泉洋)は、さまざまなトラブルに巻き込まれながらも男女のもめ事を解決に向けて導き、訳あり女たちの人生 の再出発を後押ししていくが……。

http://kakekomi-movie.jp/

 

ということではありますが

面白かったです!

井上ひさし原作で、大泉洋が男性主役なら、コメディーかなと思っていたんですが

極めて真面目で面白い。

さすが井上ひさし、さすが原田眞人監督という作品でした。

原田眞人監督のワンカットワンカットは本当に考えられていて

しかも美しいですね。深みもあるし。

あの医者見習いに大泉洋をキャスティングしたプロデューサーはさすがです。

元々それなりに真面目な役なので、真面目な役者さんが来たら、真面目な映画に拍車がかかりそうだったのを

大泉洋をキャスティングしたことで、面白さも加わって、映画に幅が出来ましたよね。

お見事でした。

ヒロインお二人がお上手なのは判ってるのですが

もうひとり、もと宝塚の陽月華(ひづきはな)さんが良かった。

尼僧役なので、顔がよく判らんのですが、役者魂が感じられて良かったです。

宝塚では娘役のトップスターだったそうですので、やっぱりなあ、さすがだなあということでしょうか。

 

この作品はオススメです。

| comments(0) | trackbacks(0) | 14:42 | category: - |
# マジか!? の体力減退

昨日の夕方、超ゲリラ豪雨の直後

ゴルフの練習場に行ってしまいました。

先日の「赤テント」で、ゴザに座ることも出来ない自分が情けなくて

せめて毎朝のウォーキングでもしようと決意したその初日……

まあ、いいか、明日からにしようかとまた甘い気持でさぼったので

夕方になって、ウォーキングの代わりにゴルフの打ちっぱなしで鍛えようとしたわけです。

が、しかし、驚くべきことに、たった60発で身体が疲れ果て

まともに打てなくなり、そのうちハァハァと息が上がり

ついには心臓もドキドキしてしまいました。

たった60発です。

やばいですね、これは。

なので今日からウォーキングと、思いましたが

やっぱり、朝は根性がなくて

また夕方になったら、練習場へ行っちゃおうかと魂胆してますが……

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 14:26 | category: - |
Comments
Archives
Profile
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links